• ホーム
  • 会社概要
  • ショッピングガイド
  • かいものかご
  • 注文照会
  • お問い合わせ


ダンスシューズ小物 > ラインストーン専用接着ボンド「ジュエルグルーペン」社交ダンスドレス等の布用接着剤 DSI Jewel Glue Pen 60 ml

ラインストーン専用接着ボンド「ジュエルグルーペン」社交ダンスドレス等の布用接着剤 DSI Jewel Glue Pen 60 ml



商品コード : BEKO-bond-dsi-gluepen
製造元 : DSI
価格 : 1,677円(税抜き1,553円)
数量
 
買い物かごにいれる
DSIジュエルグルーペンを使うと、ダンスドレスなどの布にラインストーンが綺麗に接着出来ます。

基本的に水溶性布専用ボンドですので、強力な接着力があるわけではありません。

最初は乳白色で、乾燥後はほぼ透明で綺麗な仕上がりになります。


【ご注意】 

1)水溶性ですから、水洗いで手のひらで、叩く様にして下さい。
その際接着剤は乳白色になりますが乾燥後は、接着時と同様になります。

2)絶対20℃以上のお湯は使用しないで下さい。

3)接着作業は出来るだけ暖かい部屋で行ってください。

4)ポリプロピレン、ポリエチレン、ナイロン、スチレン、テトロン等のフィルムは接着できません。

5)使用後はよく密栓して下さい。



●ジュエルグルーペン(Jewel Glue Pen )を使用した、「ラインストーンの貼り方」のコツ

色々な付け方はありますが、手にべとべと付かない付け方を以下に記します。

まず、平たいお皿に付けたい石を40個くらいまで表を上にして並べます。
(表とは、裏の銀色の平らな面とは逆の、凸の方です。)

次にジュエルグルーペンを、ドレスに直接付けます。

容器の細い管の部分をドレスに付け、石の裏面の3分の2くらいまでの大きさで点々と付けていきます。

付けていくうちに、ボンドの点の周囲(ふち)が半透明に乾いていきますので、その上から石を乗せてつけます。
(少し乾きがちの方がうまく付きます。)

この時、お皿からラインストーンを手にとってボンドの上に置いても、またはピンセットで置いてもよいのですが、大事なのは、石の位置がぶれないように、1回で決まるように置く事です。

そのためには(コツは、)手で取るよりも、以下に記す小道具を使うことです。


●身近な材料で作る「ラインストーン接着用の小道具」

小道具とは、焼き鳥やお団子がさしてあるような串と両面テープです。

串の先端に、両面テープを5〜6回、くるくると巻きます。

そしてその串の先端を、指でこするかあるいは、シッカロールなど をほんの薄くつけるかして、わざと粘着力を弱めます。

串の先端に、先ほどの石の表の部分を付け持ち上げます。
そしてそれを、ドレスの上にまで持って行き、ジュエルグルーペンをつけた点の上で落とします。

無理に振り落とさなくとも、テープの粘着力より、ジュエルグルーペンの粘着力が強ければ、自然とラインストーンはそちらに移動する
形になりますので、そのままそっと串をラインストーンから離します。

ラインストーンを逆さまにおいて(つまり銀色の平らな面を上にしておいて)ラインストーンの底面にボンドを付けた串や楊枝を近づけて石を接着し、布の上でひっくり返してそっと置く方法もありますが、これですと、石が重くて運ぶ途中で落ちることも多いかと思います。

慣れればこちらの方が早いという方もおいでですし、ご自身にあった方法でラインストーンの接着をお楽しみ下さい。