• ホーム
  • 会社概要
  • ショッピングガイド
  • かいものかご
  • 注文照会
  • お問い合わせ


 

 

男性の初心者の方に



別ページの初心者の方へでもお書きしましたように、まず必要なのが
ダンスシューズです。
 
●ダンスシューズのご選択
 
ダンスシューズはお洒落で履くというイメージがありますが、「社交ダンスを
踊るのに最低限必要なアイテム」として選んで頂きたいと思います。
 
使いやすいのは、兼用黒革シューズ(どんな種目でも踊れる靴)です。
 

セキネ 兼用ダンスシューズ

セキネ 兼用タイプ 黒革はこちら


ダンスを何年もなさっている上級者の方でも「やはり長年履いたこれが1番!」と
おっしゃいますし、もちろん初心者の方にも安心してお勧めできるシューズです。 
 
ご参考:
本来はどんな種目を習われるのか、(例えばワルツなのか、ルンバなのか)
によって、選ぶシューズは違ってきます。
 
というのはワルツなどモダン(スタンダード)の靴は、ヒールも太くて低く安定し、
ラテン用の靴はヒールはやや高めで甲革や底もしなやかで動きやすいなど、
違いがあるからです。
 
兼用というのは両方ですので、どちらでも踊れますが、より高度な専門的な踊りを
求められる方には、モダン・ラテン専用のシューズを1足ずつお求めになることを
お勧めします。
 
兼用シューズにも色々ありますが、無難なのは一般的な高さの2.5cmヒール
の黒革シューズです。
 
まずは一般的なものを半年なり1年なり履いてみられてから、エナメルや3.5cm、
4.5cmのハイヒールを(場合によっては)お求めになってはいかがでしょう。
 
2.5cmヒール 4.5cmヒール

★ダンスシューズのサイズについて
 
基本的には、普段お履きのシューズと同じでかまいませんが、ダンスシューズは
比較的ぴったり目に作られています。
 
ですから、初めてダンスシューズを履く方は、「こんなにぴったりでよいのですか?」
とご質問になることがあります。
 
その時は、「足を入れた時、ぴったりフィットしているけれど、どこもあたる箇所はなく、
痛くない」という感じなら大丈夫ですとお答えしています。
 
感覚はお客様によってまちまちですが、先端には若干のゆとりがあり、あとはぴたっと
フィットしているというのが1番よいようです。
 
(「もっと上のサイズで最初からゆとりのありすぎるもの」をとおっしゃる方もおいでですが、
革の柔らかいダンスシューズは、後で伸びますので、足が靴の中で泳いでしまいます。)
 
※その場合は、中敷で調整します。足腰の痛い方は、初めから大き目をお求めになり、
中敷を入れる方も(中には)おいでになります。
 
(男性用の前半分の中敷)

ちなみに、小さくて痛いのに、伸びるから大丈夫・・・というのは、お勧めしかねます。
足の丈夫な方なら確かに大丈夫かもしれませんが、足指を痛める可能性があります。
 
規格品でしたら、規約に基づきサイズ交換をしておりますから、無理に履かれずに
まずはご一報下さい。
 
尚、お試し履きに適している時間は午後2時前後です。
足の形が小さからず、大きからず1番自然な状態です。

●ダンスウェアのご選択
 
靴の次に必要なのが、黒のダンスパンツです。
 
普段着でも、ジーンズでも踊ろうと思えばもちろん踊れますが、お相手あっての
社交ダンスは、やはりきちんとした格好をなさるのがエチケットと思われます。
 
シャツもダンス用がありますが、サークルなどではビジネスのYシャツやポロシャツ
などを代用されている方も多いのが現状です。
 
社交ダンスパンツと普通のパンツの違いは、その真っ黒な生地とすらりとした
シルエット、動きやすい生地の特性(軽さ・伸縮性)にあります。
 
ダンスパンツを穿くことにより、立っている姿も「社交ダンス」らしく見えます。
 
ダンスは「美」を作るものですから、初心者の方が、形から入られても他の人から
おかしく見える事などありません。ご安心下さい。
 
ですから、シャツは後回しにしても、パンツだけは、シルエットの美しさや動きの
軽快さなどに違いが出てきますので、お求めになるのがよいと思われます。
 
また、ダンスパンツはベルトがないものが多いですので、女性にひっかからず
初心者の方には踊りやすいと思われます。
 
形はサイズが合わせやすいアジャスター式(ベルトの部分が前後6cm動くもの)が
人気があります。
 
体形のよい方は、タックなしのパンツの方がスマートに見えるということで、ノータックを
選ばれる場合もありますが、大体の方は着易さ重視の「ツータック」を好まれます。
 
使いやすい、お勧めのダンスパンツは下記です。

 

セキネ スラックス

セキネ ツータックアジャスターパンツ

レッスン用だけでなく、パーティーの時にも活躍します。※
競技会にもOKです。
最初の競技会には、これに白シャツ・黒ベストを着れば大丈夫です。

 

その他のデザインのダンスパンツはこちら
 

この黒のスラックスに、お手持ちのお洒落なシャツをお召しになれば、とりあえずレッスンウェアの出来上がりです。


※パーティーに出られてどなたかを誘う事になった時、最低限、ダンスパンツのご着用は
必要と思われます。
 
「パーティーなど、先の話だから・・・」とよく皆さんおっしゃいますが、「急に出席する事に
なってしまい、急いで用意してもらえますか?」とおっしゃる方も大勢おいでです。
 
以上のことから、男性の方には「ダンスシューズ」と「ダンスパンツ」は社交ダンスの
必需品とお考えになられるとよいと思われます。
 
●その他準備すること・・・習われる前に一度実際の雰囲気を見学なさるのもお勧めです。